様々な治療法

ホルモン療法を行うと代謝が促進されるので、肌の代謝もよくなり若い時のような張りを取り戻せる治療になります。体内にはヒト成長ホルモンが生産されるのですが、老化によって生産される量が少なくなってきます。ホルモン治療ではカウンセリングをもとにニーズにあったホルモンの種類を決定します。美容皮膚科でホルモン治療を提供していますが、肌への効果以外にも心肺機能を回復させたり、運動能力を向上させたりと体全体への効果を期待できるのが特徴です。

サプリメント肌へのエイジングケア治療だとヒアルロン酸を投与して肌の張りを回復させる、PRP血小板療法などがあります。ヒアルロン酸治療は即効性は高いですが継続性が弱い治療法です。PRP血小板療法は自身の血液から採取した細胞を使ってコラーゲンを生成して治療する方法です。美容皮膚科のクリニックによってはデトックス点滴や毛髪ミネラル検査などを行っている所もあります。デトックス点滴は体内にある有害な成分の排出を促すことで代謝を促進して、ニキビ予防や肌荒れ治療などに用いられます。毛髪ミネラル検査は、毛髪の成分を分析することで自分にあったサプリメントや食事を調べたり、アトピー皮膚炎などにも用いられていたりします。

ホルモン療法とは?

若いときであれば寝不足が続いたりストレスを感じることがあっても、休暇をとったり生活習慣を改善することで、肌の張りを短期間で戻すことができます。加齢による肌の老化については、回復する力が弱くなっているので、なかなか回復するのが難しく、年々衰えていくのを実感していきます。美容皮膚科で行っているエイジングケア治療のホルモン療法とは、外的なケアをするのではなく内面から改善することで肌の張りを戻したりする治療法です。

注射骨を丈夫な状態に保ったり、代謝を促したり臓器を再生させる力は成長ホルモンが関係していると言われています。成長ホルモンが低下していくと、代謝のスピードが遅くなり肌荒れなどになっていきます。成長ホルモンの低下は、体全体に影響をしているので肥満になってしまったり、免疫力も低下するのでウィルスに対しても抵抗が弱くなってしまったりします。成長ホルモンは10代をピークに低下していきますので、20代から老化は進行しています。美容皮膚科が行っているホルモン治療は、継続的に注射で投与することで不足している成長ホルモンを補充する治療になります。継続的に投与していきますが、通院は月に何度かで、基本的には注射器の使い方を教えてもらい自宅で投与する治療法になります。

美容皮膚科の療法

年齢を重ねるとどうしても若いときと比べて肌の張りが弱くなってきたり、睡眠が浅くて眠れないと感じてしまったりすることがあります。身体的な衰えを感じることもありますし、記憶力が低下してきたり、集中力が落ちてきたと感じたりすることがあります。肌についても化粧品を使ったりサプリメントを使用しても効果を感じないことがあったりします。加齢に対してのケアとして生活習慣を見直し、適度な運動をすることで改善を目指す方法もありますが、老化を止めるためには何かしらのケアが必要になってきます。

エイジングケア治療肌に対しての老化対策としてエイジングケア治療があり、美容皮膚科でもエイジングケア治療を行っているクリニックがあります。エイジングケア治療にはさまざまなものがあり、ホルモン補充により体の内側からケアする治療法があったり、毛髪に対してのエイジングケア治療やヒアルロン酸を使った肌に対しての治療などがあったりします。老化したことで若い時にはあった成分を注入することで若返りをする治療や、検査をすることで自分にあったサプリメントや食事を調べる方法などがあります。

エイジングケア治療には即効性のある治療もありますが、基本的には継続してお薬を服用し、製剤を注入することでじわじわと実感していく治療法になります。医師にカウンセリングしてもらい、希望するエイジングケア治療を選択していきます。継続的に成分を投与していくので、医師とコミュニケーションをしっかりとって、正しい配合や量で美容皮膚科にてエイジングケア治療していくことが大切になります。