ホルモン療法とは?

若いときであれば寝不足が続いたりストレスを感じることがあっても、休暇をとったり生活習慣を改善することで、肌の張りを短期間で戻すことができます。加齢による肌の老化については、回復する力が弱くなっているので、なかなか回復するのが難しく、年々衰えていくのを実感していきます。美容皮膚科で行っているエイジングケア治療のホルモン療法とは、外的なケアをするのではなく内面から改善することで肌の張りを戻したりする治療法です。

注射骨を丈夫な状態に保ったり、代謝を促したり臓器を再生させる力は成長ホルモンが関係していると言われています。成長ホルモンが低下していくと、代謝のスピードが遅くなり肌荒れなどになっていきます。成長ホルモンの低下は、体全体に影響をしているので肥満になってしまったり、免疫力も低下するのでウィルスに対しても抵抗が弱くなってしまったりします。成長ホルモンは10代をピークに低下していきますので、20代から老化は進行しています。美容皮膚科が行っているホルモン治療は、継続的に注射で投与することで不足している成長ホルモンを補充する治療になります。継続的に投与していきますが、通院は月に何度かで、基本的には注射器の使い方を教えてもらい自宅で投与する治療法になります。